広報

広報と宣伝の違いとは?

よく広報と宣伝の仕事内容を混同される人がいますが、広報と宣伝には明確な違いがあります。

その違いは、広報は「メディアに取り上げてもらうように仕掛ける」、宣伝は「商品・サービスを広告物を使って訴求する」事です。
これだけだとあまり仕事内容での違いがわかりませんよね。もう少し掘り下げて説明していきます。

広報と宣伝の違い

広報も宣伝も商品やサービス、企業を社会に認知させるのが役割です。
ただし宣伝はメディアを有料で使い、訴求したい内容をストレートにアピールしていきます。それに対し広報は新聞や雑誌の記事や報道として紹介されます。
ここが広報と宣伝の明確な違いになります。

宣伝は費用をかければ自由に発信できるのに対し、広報はジャーナリストが間に入ったアピールになります。ですので広報の場合は、自由に発信ができないということです。

広報と宣伝の仕事内容の違い

宣伝

広告代理店や制作会社と一緒に広告物を作っていくのが主な業務です。
CM、雑誌広告、新聞広告、チラシ、カタログ、POP、ポスター、DM、WEBなどのメディアを使って自由に訴求していきます。

またどのメディアを使ってどのうよな宣伝をするのか考えたり、広告宣伝費の予算の管理も行います。

広報

新聞やテレビ、雑誌などメディアとの円滑な関係を構築し、企業や商品の情報を書面で発表するプレスリリースの作成や、取材を受けるチャンスを数多く作っていく仕事です。

宣伝=広告物、広報=メディアに取り上げてもらう

宣伝の仕事が『広告制作物』に対し、広報の仕事は『メディアに取り上げてもらう』という違いが大きです。
また広告と広報の中間的な媒体として『編集タイアップ広告』というものがあります。一見、記事に見えるけどよく見ると記事風の広告に仕上げているというものです。
近年、消費者の広告に対する目利きが鋭くなってきたため、編集タイアップ広告のような記事広告はwebマガジンや雑誌でもよく見かけるようになりました。

このように広報と宣伝は、似ているようで仕事内容が全然違います。
広報=宣伝と思って、広報の求人を応募してしまわないように双方の違いをしっかりと理解しておく必要があります。

  • 広報と宣伝の違いまとめ

  • 広報はお金を使わず、プレスリリースを作成しメディアに取り上げてもらって社会に配信する仕事
  • 宣伝はお金を使って、CMや雑誌などのメディアを使って訴求したい内容をストレートに配信する仕事

-広報

© 2020 ハロー求人ナビ Powered by AFFINGER5