広報

広報で働くにあたって必要なスキルや経験は?

広報で必要な資格

広報で働くにあたって取らなけばいけない資格はありません。
最近では広報・PR業務の基本的な知識から実践的なスキルを検定するPRプランナー検定というものがあります。これは自分のスキルアップのために取っておいても価値のある資格だと思います。

今まで広報で働いたことのない未経験者の方や中小企業の広報から大手企業の広報へステップアップしたい方は、資格を取っておいたほうが有利になる場合があります。
参考:広報で働くには資格を取っておいたほうが有利?

マーケティング力やコミニケーション力があれば広報線略に十分活かせることも

広報は同業他社の動向や広報戦略、消費者が今何を求めているのか知ることが必要なため、マーケティング力やコミニケーション力があると広報の仕事に活かせる場合があります。そのため、前職ではマーケティングをしていた人や、営業経験者を積極的に採用している企業も増えてきました。

特にマーケティング力は今や広報担当の方は、持っておいきたい重要なスキルですのでしっかり身につけておくべきでしょう。

プレスリリースを作成するために文章力は必須

広報は自社の製品やサービスをプレスリリースを通してメディアに発信するのが主な業務です。そのため、文章作成や編集作業を行うことが多いので、基本的なパソコン操作や文章力は絶対に必要になります。

プレスリリースで何を伝えたいのかわからない、自社の製品やサービスをうまく説明できていない文章だとせっかくメディアに紹介してもらっても世間から注目されることはありません。人を惹きつける文章力は重要です。

取材対応やメディアの打ち合わせが多いのでプレゼン力や、時間の管理能力も必要です。

またこの仕事は社内外の多くの人と関わることが多く、会社の商品やサービスを相手にわかりやすく伝えられる高いコミニケーション力やプレゼン力が求められますし、ビジネスマナーは必須になります。

またメディアとの打ち合わせや取材対応などが多いため、時間などの調整能力や管理能力も必要不可欠になります。

広報は物事の視野が広がり、客観的に判断できるスキルを身につけることができるので、働きながら自分自身を成長させたい人にはとてもやりがいのある仕事になるでしょう。

広報で働くにあたって必要なスキルまとめ
マーケティング力やコミニケーション力
ワード・エクセル・パワーポイントなど基本的なパソコンスキル
文章力
プレゼン力
時間などの調整能力や管理能力
ビジネスマナー

-広報

© 2020 ハロー求人ナビ Powered by AFFINGER5