広報

スクールの広報で働いている20代女性の口コミ

広報で働きたいと思ったきっかけ

学生時代アルバイトをしていた会社で広報担当の人がホームページの管理やポスター、パンフレットの作成等を一手に引き受けて働いていたのに魅了されたのがきっかけです。
その人は採用説明会でもハキハキ企業の説明をしていたのがとても格好よかったので憧れました。

具体的な仕事内容

現在はスクール業の会社に在籍しているので、生徒の募集が一番の仕事です。
ダイレクトメールの作成、ポスターの作成、新聞やフリーペーパーのデザインの打ち合わせがメインとなっています。
特に広告代理店の打ち合わせでは、広告デザインだけでなく広告費用の折衝もやっております。

広報として日頃から心がけていること

外部の人に情報を発信している立場なので、身支度には気を付けてから打ち合わせに出かけるようにしています。広報担当者が不衛生で、相手に悪印象を与えてしますと口コミで会社の評判を落とすことに繋がりますので特に注意しています。
また、広告のデザインは必ず他のスタッフにチェックしてもらってから広告代理店に送るようにしております。広告の色合いや文字の大きさ等は広報部だけのどうしても偏った見方になってしますので、他部署からもアドバイスをもらっています。

これから広報で働く人にアドバイス

弊社で広報を希望する人はデザイン系の学部を出た人が多いですが、文系や理系の人でも広報のお仕事はやっていけますので心配はいりません。
ただ、必ず会社の顔であること意識して、外部との打ち合わせや説明会に臨んでください。

-広報

© 2020 ハロー求人ナビ Powered by AFFINGER5