広報

広報の年収の傾向と年収アップの道のり

あなたは広報としてどういうスキルを磨けば年収が上がり、転職活動に有利になるか考えたことはありませんか?毎日、広報の仕事をこなしているけど「果たしてこれでキャリアアップしているの…?」と不安になりながら働いてないでしょうか?

今回は広報の平均年収を知りながら、年収が今よりアップするスキルや経験について説明します。

広報の平均年収

25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳
平均年収 387万円 489万円 547万円
全体平均比 -10万円 +27万円 +21万円
最高額 1200万円 1200万円 850万円

広報の平均年収は472万円と、全体の平均と比較するとまずまずの年収が見込めます。特に25〜34歳は最高年収が1000万円を超える上位層が増えている傾向です。
市場の傾向としては、一般企業の広報よりもPR会社などアウトソーシング側の業種の方は年収が高い傾向があります。
やはりPR会社は過酷な労働環境を強いられることがあるため、事業会社への転職が増えたのでしょうか。ただしこの場合は、年収は下がる傾向があります。

広報で年収アップに必要なスキルは?

社外広報でいかにスマートに情報発信ができるか

対社内での経験はもちろん、対社外に向けていかにスマートに情報発信できるかが年収アップに大きくつながります。紙媒体の経験者は歓迎され、さらにTV関係者のコネクションやwebの企画立案といった、幅広い媒体にオールマイティに関わってきた人が転職業界では高評価を受けます。
特にwebによる広報経験者はまだまだ市場では少ないので、重宝されるケースもあります。

外資系企業などは英語力も必要とされます

また近年では広報に英語力を求められることがあります。最近は外資系企業の進出や企業の製品やサービスを海外向けに発売するなどグローバル化したことによって、英語でプレスリリースを書けるような人を必要としているのです。

各メディアとのコミニュケーション力

広報はプレスリリースを作成し、各メディアに発信してもらわなければいけません。プレスリリースを発信してもらうには、日頃から各メディアとのコミニュケーションを大切にし、メディア側から取材の希望があれば迅速に取材に応じなければいけません。お互いにwin-winの関係を構築することが大事です。

-広報

© 2020 ハロー求人ナビ Powered by AFFINGER5