広報

広報の仕事は若くないと採用してもらえないって本当?

広報は華やかな仕事で若くて綺麗な人じゃないと採用してもらえないと思っている方は多いのではないでしょうか。
確かに、雑誌などのメディアで取り上げられている広報担当の人は若くて綺麗な人が多いですよね。

では実際に広報で働いている人の年齢層はいくつくらいなのでしょうか。また、実際に若くて綺麗な人でないと採用されないのでしょうか。

広報は若い人だけが採用してもらえないわけではありません。

広報は若い人だけが採用されているわけではありません。例外として若い世代をターゲットにしたアパレル業界や美容関係は年齢を重視されますが、それ以外の業種ですと、経験値も重視している企業も多いです。

例えば、広い範囲の一般常識や知識を持っている人、コミニュケーション能力が長けている人、社会の動向に敏感な人、物事を冷静かつ客観的に判断できる人など、その人が持っているスキルを重視していることもあります。

企業によって若い人を採用したいのか、経験のある人を採用したいのかは状況によって様々です。他の企業の風土に染まっておらず、教育しやすい若い人が欲しい企業もあれば、人材育成をしている時間がないほど人手不足で即戦力が欲しい企業もあります。
また管理職側が自分の年齢より下の年齢の方が仕事がやりやすいという理由で若い人を採用することもあります。

これは広報という職種だけに言えることではなく、どの職種でも該当することです。求人を出している企業がどのような人材を欲しているのかは様々で、もちろんですが若い人よりも経験やノウハウのある即戦力が欲しい企業も沢山あります。

また業種によってはリアルタイムで情報発信を求められる場合、夜間の対応や残業が多くなることがあります。そういう点を踏まえと体力のある若い人を採用されることもあります。

まとめると、若い人が欲しいのか即戦力が欲しいかは企業によって様々です。広報という仕事は年齢が採用を大きく左右することはありませんので、求人情報をしっかり確認し、若い人を求めているのか即戦力を求めているのか判断して応募しましょう。

-広報

© 2020 ハロー求人ナビ Powered by AFFINGER5